‘90年4月頃の日記から


3月26日
単行本「かっこいいスキヤキ」中のウルトラマンの件で円谷プロが青林堂に出版差し止め要求。使用料で折り合いがつかなかった、とのことだけどオレ達の印税だって数十万だってのに何百万だか要求してきて払えないなら差し止めだと言う。これって恐喝?今のウルトラマンブームのきっかけを作ったのは9年前に泉昌之で描いたウルトラマンのパロディがあったからだ、ということは業界関係者なら誰でも知っている。感謝状をもらいこそすれ出版差し止めとは言語道断、なさけないぞ円谷プロ。過去の栄光に自ら泥を塗るなっ!

スキヤキはその後‘96年にウルトラマンを抜いて改訂版として出し直し。今扶桑社で出ている文庫版はその改訂版だ。子供のころから憧れだった円谷プロにはその件以来オレは呪いをかけた。目先の利益にしか眼がいかない輩は必ず滅ぶ。宇宙の法則です。


スポンサーサイト

2006年04月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0