スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

08-05-27 片岡義男と銭湯

 20代の始め頃関西に住んでいた時は、近くの銭湯にコインランドリィはなかった。洗濯は手洗いで、京都でも大阪でもアパートには共同の洗い場があって、どっちも屋上に洗濯物干し場があった。寒い冬はゴム手袋をして、それでも気合を入れないとめげてしまう。時々は重い洗濯物を抱えて、洗濯機のある友達の家へ行った。
 '77年に東京に出てきた時、コインランドリィを初めて知った。まだ寒い3月だったので、これであの痺れるような冷たい水の辛さから開放されると思うと有難かった。
東京に来る少し前までわが部屋には冷蔵庫も炊飯器もなく、それでも自炊をしていた。扇風機やストーブ、エアコンがわが部屋に登場するのはもっと後になってからだ。
 10代の終わりから20代の初めにかけて、片岡義男の小説世界が僕の生活形態を支配していた。「10セントの意識革命」(これは小説ではなく評論集)、「ロンサム・カウボーイ」、「友よまた逢おう」。ロックンロールとカウボーイ、そしてホーボー。共通しているのは、自立の世界だった。ロックンロールは親や社会からの自立。流れ者の生活とは誰も頼らない、いや頼れない1人だけの生活。余計な荷物は持たない。自分のことは自分でする。自分の基準で生きる。自分の心がNOというものはNO。
1人暮らしを始めたばかりの少年はそこに自分の暮らし方をみた。

 今日街をブラブラしての帰り、銭湯の前を通ったら、コインランドリィの洗濯機が随分と少なくなっていた。利用する人が減っているのかな。今じゃ若い人も一人暮らしの人もみんな風呂付の部屋に暮らし、洗濯機もエアコンもあったりするのかな。オレ、片岡の小説読んでなかったら洗濯機くらいは買っていたのかな。
きっと片岡を読んでなくても洗濯機は買わなかったんだろうけど、「友よまた逢おう」の主人公ビリー・ザ・キッドのような流れ者の、身につけられるだけの荷物を持って街から街へ旅をする姿に、なぜか強烈なシンパシーを感じたことも確かだ。
何も持たない、何もいらない。身一つで生きる。禅の講話のような考えは、日本ではなくアメリカのビートニクやヒッピーの間から広まっていった。そういう世界を紹介してくれたのが、当時片岡義男も深く関わっていた「植草甚一責任編集/ Wonderland」という雑誌だった。1年ほどして誌名が「宝島」に変わった。その「宝島」も紆余曲折を経て今では経済誌だ。みんな変わっていく。

 銭湯の前を通り過ぎた後、ふわあっと遠い日の生活を思い出し、片岡義男の乾いた文体を思い出していた。
スポンサーサイト

2008年05月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

01-11-13 人の社会は想いの総和

社会に不満を持つ若者、社会に疲れた中年、ちょっと待てよおい。社会をそうしてるのはおまえだよ、おまえ。おまえが勝手に夢を捨て希望を捨て自分にも他人にも同じ絶望感を持ち、生きてても楽しくねぇだの社会なんてこんなものだのそんなものおまえが作った幻想の中で生きてるだけだ。
おれはそんな幻想は持たないし現実にはそんな幻想は存在しない。それぞれの幻想が存在するだけだ。人の幻想の総和がこの現実をつくっている。この社会が下らないなら、それはあんたの幻想が下らないからだ。自分の心の中に少しでも夢や希望があるならそこに生きる方法は必ずある。社会が変わるとしたらそれは人がイマジネーションを持つことから始まる。
 あーもぉ、なんでこんなにマジになっちゃうかな?うさんくさい新興宗教みたいだ。やめやめ。おれは毎日が楽しいんだけどな。

2008年05月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

07-06-28 光市母子殺害事件 


裁判とはいったい何なのか。山口県光市母子殺害事件の報道。これは事件そのものよりもそれを審議する裁判の在り方そのものにいら立ちを覚える。
この事件を聞いている多くの人たちも同じように感じることだろうが、20人もの弁護団の公判後の記者会見では加害者の元少年についてはともかく、被害者に対する視線がまるで敵意に満ちていて、元少年こそ被害者であるかのように殺意を否定し、でたらめともとれる話をそれだけ犯行時は常軌を逸脱していたのだ心身喪失者に死刑は妥当ではない、といわんばかりの発言にはあきれてしまう。
真実はどこにあるのか、と問う被害者遺族の本村さんの言はおくとしても弁護団のこの裁判における在り方は死刑撤廃論者でさえ鼻白んでしまうだろう。殺された者に対する哀惜の情のかけらもない彼らは、死んだ者には悪いが生きている加害者に更正の機会を与えよという1点においてのみこの裁判を企んでいる。
この裁判の結果がどうであれ、元少年がどんな判決を受けるのであれ、ボクには彼ら弁護団こそが悪の集団に見える。
人は理で動くのではない。情で動くのだ。情に流されると真実が見えてこない、という大きな欠点もあるが、理がまされば(利がまされば)情などこの世には必要ない、といわんばかりの弁護団の態度には腹すえかねる。法律は万人を対象とするものである以上、どうしても個々の事例ごとに違った判断が必要になってくる。しかし法の精神とは人間を人間として扱うことではないのか。
弁護団が被害者を人間として扱っていないかのように見えるこの裁判に誰がいったい何を得るのだろうか。失うものばかりではないか。被害者ばかりではなく加害者の元少年にも、このような裁判でいったい何を得られるというのだ?彼の言っていることがたとえ本当であるにしても、結果として被害者を殺してしまった事実は残る。彼には罪を背負うだけの理由があるのだ。
本田、安田(弁護団の一員)あんたらは気が狂ってるよ。

*08年の差し戻し審で死刑判決が出たが、弁護団の態度は相変わらずである。

2008年05月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

05-05-17 ロードオブザリング

遅まきながらGWにBS-2で録った「ロードオブザリング-二つの塔」を観る。
凄い映像だねェ。現代のCG技術ならではだが、それでもこれだけのものを創るのにどれだけの時間と才能と労力と人員が注ぎこまれたのだろう。その異常なまでの造り込みと迫力、さらにロケーションには圧倒させられる。恐れ入ります。
もっとも字幕スーパーなしの英語で観たので、内容的には個々のつながりとか固有名詞等さっぱりわからなくて、どういう物語なんだか…。リングは物語にどう関係してくるんだか…。
そもそもオレはこの手の映画は「スターウォーズ」以外はほとんど興味がなくて、こんなの子供向けの映画だろうから英語もきっとわかりやすくて聞き取りの勉強にいいや、くらいに思ってたのに、実に実に甘かった。
 その「スターウォーズ Episode.3」がいよいよアメリカでは封切。27年前の封切に銀座で観て圧倒させられて以来、ついに、ついに…。最後はまた銀座で観ようかな。とにかくでっかいとこがいいな。
 日本でもこういうの誰かやってくれないかな。「ヴァイオレンスジャック」とか、あの時空間を捻じ曲げる異常な画面を、すさまじいばかりの異常な迫力で!
ムリか。いや出来るでしょう!角川が社運を賭けてやる、とか。倒産したら角川春樹事務所に角川書店の名前ゆずる、とか。ホリエモンとか三木谷とかIT企業のお金持ちはこういう子供じみたことにお金使わないからつまらない。
面白そうジャン、が基本でしょ、なにをやるにも。
 

2008年05月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

07-10-11 「24Ⅴ」

シリーズ終了。毎回これでもかというくらいに主人公ジャック・バウワーを痛めつけ、孤立無援の窮地に立たせる。そのためにはなんでもありで、誰が味方で誰が敵かもわからない。
 それにしても、工作員としては、唯一の証拠録音をバックアップもとってなかったり、万が一の備えがなさすぎる。無謀な行動と偶然の幸運が多すぎる。フィクションだから多少は目をつぶってあげよう、って感じで全篇つっ込みどころ満載だが、一度観始めたら最後まで目が離せなくなる。

 日本のドラマの基本は「話せばわかる」で、アメリカは「話しても通じない」。単一民族と多国籍民族の文化の違いか。日本だって今はみんながそれぞれに主張する時代になって、「話しても通じない」から日常的にストレスが溜まる社会になってきてしまっている。それなのに相変わらず日本のドラマは、言いたい事わかるだろ、って感じの主人公ばかりで、怒ったって殴ったってちっとも問題解決しやしないのに、怒って自己主張して、視聴者もすっきりしただろう、はいおしまい、ってな調子だ。
オリジナル脚本にまともに描けてるのが少ないのは、脚本家の責任というよりも、プロデューサーや企業におバカさんが圧倒的に多いせいだろうな。中味より話題性を重視してるから、時代と向き合うなんてことは考えもしないのだろう。テレビ業界って無駄な金流れすぎ。金の集まるところにはゴロツキも集まってくるからね。怖い怖い。

2008年05月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

05-05-12 ゴッホ展

GW中はすごく混んでいると聞いていたので、休み明けを待って行って来た。
会場に着いてビックリ!すごい長蛇の列だ。2時頃だったが40分待ちの立て札が。
ジジババ学生主婦の群れ。う~ん…。
いったいゴッホの絵からなにを感じ取ろうとしてこれだけの人が集まって来るのだ?
みんなオレみたいに、昔ゴッホの自画像を見てガツ~ンと頭を打たれたようになって、燃えるような糸杉の絵に画家の情念を感じて油絵の具を買いに走ったのか?
わからないから何かを感じ取ろうとしてこれだけの人が集まって来るのか?う~ん、なんであれそれぞれにこれだけの時間並んでも見たいという理由はあるのだろうけど…。
 結局1時間待ちで、会場内は混んではいたけれど割合スムーズに作品を見ることが出来、いつの間にか出口まで来てしまっていた。え?もう終わり?
全115点、そのうちゴッホの作品は41点。約3分の1だ。少ないよ!跳ね橋もヒマワリもないよ!いちばん感動したのはセザンヌの1枚だよ!
 常設展の方にはなかなか笑える近代日本絵画がいっぱいあるのだけど、おなか減って笑う気力もなくしたので、すごすごと引き上げたのだった。

2008年05月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

06-12-28 前人未踏のアニメ「鉄コン筋クリート」 mixi日記より


素晴らしい!街の景色の素晴らしさはどこをとっても芸術品!原作を遥かに超えるその舞台設定にはコマが動くたびにぼう然としてしまった。これほど感激したアニメはかってなかった。一つ一つの小道具の選び方から組み合わせ、そして仕上げの見事さたるや!いやはやよくぞ作りましたって感じ。構図や構成も隅々まで行き届いていてMHもOKもKSも吹っ飛ぶ出来。いや、それらをふまえてこれが出てきたのだろう。これでMHの空を駆ける浮遊感があればほぼ完璧。さすがにあのセンスは他人にはマネできないか。松本大洋がうらやましい。などとは言っとれんな。まず原作の出来がいい。そこが出発点だもんな。

2008年05月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

07-03-03 記憶喪失


飲み過ぎてよく記憶を失くしている。
昨日はJリーグの開幕で埼玉スタジアムへ。2-1でやっと浦和レッズが勝った。帰りはいつも赤羽で飲む。安くてうまい店がいっぱいある。前から興味があった立ち飲みのおでん屋に初めて行く。ここも安くてうまい。酒は250円で缶ビールや缶チュウハイ。たまたま隣にいた女性2人が、いつもサッカーを一緒に行っている連れの知り合いで、赤羽をよく知っているというので何軒か店を教えてもらいそのうちの一軒へ。
 朝目を覚ましたら着の身着のままで寝ていた。寝室を出ると部屋の電気はつけっ放し、おまけに灰皿がひっくり返っていてトイレにまでその残がいが!よく見りゃ寝室にまで!
いったい昨日帰ってきてから何やってたんだ!?
飲んでる途中からの記憶なし。タバコもまったく吸ってない。電車で帰ったはずだけどその記憶もない。そして財布はからっぽ!記憶失くすほど飲むなよっ!芋焼酎のオンザロック、うまいけどこれ飲むとたいがい記憶なくしちゃってるんだなァ。オンザロック禁止令だ!
重い体をひきづって掃除機をかけおそばを茹でて食べ熱ぅい煎茶を飲んで一息つけた。

2008年05月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

02-04-16 TinTin


渋谷文化村ミュージアムで開催中の「タンタンの冒険」展を観る。フランス、ベルギーのコミックはたっぷり時間をかけて丁寧に描かれている様子が、ヴィデオや原画からしっかりと感じ取れる。これは漫画というより芸術だ。
日本にはこういう作品の出てくる土壌がない。わたせせいぞうぐらいか。ちがうよねぇ。まるで違う。ま、しょうがないか。日本じゃ漫画は消耗品だから。誰も芸術なんか期待してないんだから。あぁ、描き手のジレンマ!
 子供連れの人が何人も来ていたけど、はたして子供は楽しめたんだろうか?タンタン見せるより川崎の岡本太郎美術館連れてったほうがいいんじゃないか?あの無邪気な彫刻群は子供にこそ受ける様な気がしたけど。
 この展覧会は江口さんに勧められて観に行ったのだけど、江口さん、こういうの観ちゃうといよいよ作品創るのに時間がかかっちゃうんじゃないのか?心配。いや、時間はかかってもいいんだけど・・・。うーん、いい仕事、したいよね。

2008年05月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

08-02-08 「豪快さんだっ!/泉昌之」


河出文庫版後書き

 御茶ノ水駅から駿河台下まで歩く間に楽器店、CD店がバカみたいに乱立している。駿河台下を折れると今度はスキーやスノボの店がずらり。東大を主席で出た(と本書では記されている)豪快さんは、この景色をどう見ているのだろう。とても大学とは思えないこれ見よがしの高層ビルを横目に見ながら、かって「学生の街」と呼ばれたこの界隈も、今やただ単位を取るためだけに学校に通い、頭ん中は遊ぶことばかり考えている「大志」のない学生の街になってしまったものだな、と思うだろうか。
東大出身者が圧倒的に多い官僚達が描く日本の未来は、バブルがはじけてしまってからも相変わらず土建屋が屍にたかるハゲタカのように日本中を食い散らしている。悪夢は続いているのだ。
かたや出世を望まぬ安定志向の若者達。ちまちまと小さい恋愛をして小さい結婚して、小さい家を建てて、小さい子供を育てて小さい貯金をして、小さい老後を送って、小さい骨になって、小さい墓に埋められる。その間に小さい浮気の1つや2つはあったかも。おおお、なんたる小さき魂。
天下国家を論ずる、などと言ったところで所詮は自国の利益に還元される政策でしかなく、それすらも思わぬ卑小な政界、財界人達は己の利益のみに目を血走らせる。おおお、なんたる小さき魂。
「金儲けがなんぼのもんじゃぁ!!」
設けることが大事なのではなく、もうけた金をどう使うかが大事なんじゃないのか。豪邸建てていい服着てうまいもん食って金でいい女GETして幸せに暮らせりゃ「夢は叶った」と思うだろう。けれども人間の欲望で一番大きいのは衣食住ではなく「他人の心を掴みたい」というある種言葉は悪いが支配欲だ。
「人の心をぐいっと掴んで離さない、そんな魅力ある人間になれ!変態でもいい逞しく育って欲しい」と豪快さんは言うだろう。

泉晴紀(作画担当)

*河出書房より4月に発売された文庫版「豪快さんだっ!」の後書きです。

2008年05月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

08-04-25 環境問題


環境問題であれなんであれ、ムーブメントになって政治がからんで巨額が動くようになると社会は一挙に腐敗する。
なんでだろう?
環境問題について新しい事業を起こすたびに新しく人材が登用され、そこに新しくお金がつぎ込まれる。そのお金はどこに消えていくんだ?主に研究費と称して1人頭1日何万もの日当が払われていたりする。
ペットボトルにしても再生紙にしてもレジ袋にしても割り箸にしても、わーっと騒がれて世間の流れが変わっていってるけど、その効果については公表されない。リサイクルが進んだとかそういうことをいうだけだ。
本当のところ、リサイクルが進んだことよりも、そのことで何がどれだけ改善されたのかということの方がより重要だ。ペットボトルや紙を再生するのに必要なエネルギーがどれだけかかっているのかについては、あまり報道されない。何百億もつぎ込んでその効果がどれだけ上がっているのかについてはあまり報道されない。
牛乳パックきれいに洗って出したって、その再生に要するエネルギーは5倍とも聞く。
分別ゴミの煩雑さはみんな分かってるところだけど分別したゴミがどこにいってしまっているのかはあまり知られていない。リサイクル施設も少なくほとんどが東南アジアに出荷されていく。これにも余計なエネルギーとお金がつぎ込まれていく。リサイクル施設が少ない理由はリサイクルした製品の単価が高くついて割が合わないからだ。税金つぎ込んで質の悪い再生品を作り出している。牛乳パックもペットボトルもリサイクルには本当は向いてないけど便利だからなくならない。紙パックじゃなくて瓶でもこっちは一向にかまやしないんだけど、それじゃ輸送に不便をきたす、ってことが一番の問題なわけでもっぱら売る側の問題だ。
誰かを設けさせるためにものすごくムダなことをやっているのじゃないだろうか?
何か問題が起こった時だけ報道され、チェック体制が甘い、とか批判する。批判したって起こってしまったことについては取り返しがつかない。金も戻ってこないし環境も改善されない。現代はこれの繰り返しだ。
何がまちがっているんだろう?
ものが増えない方がいいんだったら売らなきゃいいじゃないか。なきゃぁないでなんとかやっていけるじゃないか。そりゃあ不便だけどさ。一番困るのは個人じゃなくて企業なんだよなぁきっと。今年の流行がどうのこうの言って、たいして変わってもいないデザインのものを毎年出して、一番わかりやすいのは色だから今年の流行色は何色だとかいって色だけ変えても毎年違ったものが売れる。
子供服なんて、子供はすぐに大きくなっていくんだから、サイズの大きいの着てりゃいいんだ、とは言わないけど、すぐ古着に出してそれで捨ててるんじゃなくてリサイクルに回してるんですムダにはしてないんです、って言うんじゃおかしくないかい?
少子化対策とかっていってるけど、減っていくものはしょうがないじゃないか。国民が出すゴミも減っていいじゃないか。一番困るのは個人じゃなくて国家でもなくて政治家とその周辺なんだろうなぁきっと。
個人レベルではみんなおかしいな、ってことはわかってるんだけど、企業レベルになると途端に言い逃れをしてしまう。利益追求と社会への還元、現代はそのせめぎ合いがごまかしの方向に向かっていて一歩前進二歩後退の対策ばかりだ。

便利、というのは実はムダを作り出すための方便なのかもしれない。

2008年05月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。