スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

09-09-14 困ったビートルズマニア

09-09-09にビートルズのリマスター盤が発売。9はジョンのラッキーナンバーだという。ちなみに、200本安打を9年連続で達成したイチローも特別な数字とインタビューで答えていた。
3年前なら06-06-06、オーメンだ。

 最初のリマスターからもう22年、良い音になってるに決まってる。楽器の音、特にドラムスが今までとは全然鳴りが違う。
 サージェントをLp、Mono、旧リマスター、で聞き比べしても、今回のものがもっともしっくりくる。とはいえ、Lp独特の臨場感はここにはない。持ってないけどMobil盤がもっともLpに近い音なんじゃないだろうか?Let It Beの深い音場はMobil盤が旧リマスター盤とは別次元の音を出していた。
 アビーロードもLp、旧リマスター、Mobil盤、で聞き比べてみた。これはどれもいい音してるなぁ。
当日、店頭で現物を見て、デジパック仕様だったのにがっくり。一気に気分がトーンダウンする。紙ジャケはMonoBoxSetのみで、これだとAbbeyRoadやLetItBeが揃わない。どっちも紙ジャケ、もしくは全部プラケースで良かったのではないか、と思う。中途半端なことしやがって。EMI。

 限定Monoは当分出てこないようにも思うが、Stereo盤は何年か後に紙ジャケで出そうな気がする。っつうか出るに決まってる。さっさと出さないとBoot業界が1年以内に正規盤よりしっかりした造りで出すぞ。っつうか出すに決まってる。僕が持ってるMono Meet The BeatlesやMono Sgt、Mono White Albumの紙ジャケは、実に丁寧な造りで、付録もちゃんと付いている。印刷も頑張ってるし、Lp起こしだと思うけど音もいい。
 ビートルズのステレオ盤は、音の振り分け方が極端で、もともとあんまり好きじゃない。原点に忠実な音、というポリシーも大切だけれど、思い切ったリミックスで音のバランスを変えてしまったものの方が、賛否両論あっても今の時代には合ってると思う。っつうかいずれ出るに決まってる。もう進行してるに違いない。「Yellow Submarine Song Track」1枚で終わらせるわけがない。早くPaperback WriterとStrawberry Fieldsをリミックスで聴きたい。

 で、Beatlesとは関係なくTsutayaに入ったら、思いがけなくこのリマスター盤が発売日からレンタルされていた。リミックス版が出るまでは、これPCにぶちこんでおきゃいいや。
スポンサーサイト

2009年09月17日 未分類 トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。