スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

09-10-17 加藤和彦の自殺


夜のニュースで知った。
悲しい。
僕にとって加藤和彦は、細野晴臣や矢沢と並ぶ、いやそれ以上に好きな日本の音楽家だった。
中学生の時、オールナイトニッポン、そして兄の買ってきたフォーククルセダーズの「帰ってきたヨッパライ」のシングルで加藤和彦を知った。
サディスティック・ミカ・バンドはそれまでの日本のバンドにはないダイナミックでしかも緻密なサウンドで、最初に夢中になった日本のバンドだった。京都で岐阜でそして郡山まで行ってライブを観に行った。
ミカバンド解散後にYMOのメンバーを中心に作ったソロアルバムの数々は、今でも日本のロック史上に孤高の輝きを放つ。そのヨーロッパ的なサウンドは好き嫌いが分かれるとしても、世界のトップレベルのアルバムだと思う。
 音楽とは不思議なもので、最初は馴染めなかったそのヨーロッパ的な音作りも、慣れてくると当たり前のように聴けるようになり、ひいては20世紀現代音楽、たとえばバルトークやヴェルク、ウェーヴェルンといった作曲家まで聴くようになった。ストラヴィンスキーやショスタコーヴィチの室内楽が中でもお気に入りになったのは、加藤和彦やブライアン・フェリーあたりの音楽が下地になっているように思える。
 ヨーロッパ的な陰鬱な雰囲気に馴染めない人でも、その後に出た「あの頃マリー・ローランサン」というアルバムなら、聴きやすくて加藤和彦の魅力を知るにはいいのじゃないだろうか。
その時に重要な役割をはたした作詞家で妻の安井かずみさんを亡くしてからはトノバン(と呼ばれていた)はあまり表舞台に登場しなくなっていたが、
近年アルフィーの坂崎と組んだ「和幸(かずこう)」は久しぶりにトノバンの洒落たセンスの光る好盤だった。6,70年代のいろんなアーチストのサウンドエッセンスを織り込んだ2枚のアルバム、どうせなら丸々ビートルズ・サウンドでの3枚目を作って欲しかった。

いつもずっと聴いていたわけじゃないけど、こんな形でいなくなっちゃうなんて淋しすぎる。
とても悲しい。
スポンサーサイト

2009年10月31日 未分類 トラックバック:- コメント:-

09-08-25 Woodstock 40th Anniversary DVD

 以前に出たDirectors Cut版に、さらに3時間ものライブ映像と105分のインタビューを中心としたドキュメンタリーを含む4枚組のDVDが、それも定価5千円を割る値段で出たので、つい買ってしまった。
 計8時間もの長尺アンソロジィ、全部を観るまでには何ヶ月もかかるかも。
 まずは特典映像3時間のものから。これが儲けもんで、グレイトフルデッドの40分近い曲なんか映像的には暗くて見づらいけれども、音も良く楽しめる。
 それより良かったのがCCR。こんな映像が今になって観られるなんて。マウンテンもジョニーウィンターも面白い。特典映像を1回見ただけでも元をとった感じ。

 ウッドストックという’69年にあったロック史上最大のイヴェントについては、ロックジャーナリズムの世界でも、ロックを語る際に「LOVE&PEACE」の象徴として取り上げられるけれど、それ以上に、時代の雰囲気というものがこの映画によく現れている。
栄光と挫折の瞬間が、このイヴェントに見ることができる。

世界はきっと’70年を境にして頂点から転げ落ち続けているように思える。
全ての理想がマネーに置き換えられるようになった。
経済の発展、個人の富裕化は悪いことではない。けれどもCan’t Buy Me Love、愛はお金では買えない。
愛、という言葉に象徴される精神的な拠りどころを失くしてしまったら、人は生きる希望を失くしてしまう。
今や、文化は「愛」をお金に換えることで成立している。
「愛」という言葉を使って、ドラマや音楽が大量生産され、売れるほど「愛」が矮小化していく。
愛なんてどうでもよくって、売れりゃあいいんだ。という製作者側の態度が、安い作りのどこにもなんのこだわりも感じられない作品に見てとれる。

やりたいことをやるためにお金がかかる。けれども、お金がからむと方々に権利がからんで動けなくなってしまうのが現代だ。オリンピックにしろ、W杯にしろ、人気のあるイヴェントには巨額の金がからんで、信じられないような不可思議な規制が沢山ついて回る。スポンサーへの配慮など、観客、視聴者には本来なんの関係もないことだ。

 ウッドストックの映像を観ながら、いろんなことを思ってしまった。
40年前の出来事なんて若い人には歴史上のことで、時代の雰囲気っつったって今を基準に考えると、やっぱり想像できないだろうなぁ。みぃんな貧乏で、愛に飢える前に食に飢えていたような時代なんだから。いや、これはちょっと言いすぎか。でも文化なんてものにお金を投資するような時代ではなかった。音楽聴いたり本読んだり映画観たり、それら全部を楽しみにしているような人はそんなにいなかったのは事実。そんな余裕なんてなかったのだろう。
ビッグ・ビジネス。娯楽は巨大産業になってしまった。みんな娯楽に投資するだけのお金を持つようになったんじゃん。

09-08-31 Woodstock 40th Anniversary (2)
今年は40周年ということで、Sly&FamilystoneのWoodstock Live Completeが新たに出てきた。ので、これもつい買ってしまった。
が、映像で受けたほどの衝撃はついぞなかった。映像で観るSly&Familystoneのかっこ良さったらなかった。
映像は、特に盛り上がってる部分を取り上げているからなおさらだ。
 
結局DVDは1週間で全て観た。当時を回想するドキュメンタリイも面白く見れた。
本編も面白かった。ディレクターズカット版は初めて観た。ジミヘンの追加部分だけは余計だったな。アメリカ国歌演奏で始まる方がインパクトがあった。
 改めてウッドストックは、ロック幻想の頂点を記録した空前絶後の企画だったのだな、と思う。
 夢の行方は…。日本では、今日民主党が第一党になった。

2009年10月23日 未分類 トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。