04-09-04 矢沢クラシック2 (mixi日記より)

このところ矢沢を表紙にした雑誌が何冊も出ている。新譜「横顔」やイヴェントのプロモか。
コンサートで動いてる永ちゃんはかっこいいけど写真で見る永ちゃんはなんかイくないなぁ。新譜のジャケもいいんだか良くないんだか…。
オレにとっての永ちゃんのベストは、80年代のアルバムのほとんど全部だけど、ライヴは50代に入ってからの方がいいな。気負いがなくなって自然体に見せている。見せている、と書いたのは、本当の自然体なんてロウテンションの状態であって、調子が悪い時には悪いなりに、ってのが自然体で、永ちゃんに言わせれば「そんなオカマみたいなマネできるかっ!」っつって、なにがなんでもハイテンションに持っていくだろう。
新譜の「横顔」を聴きながらそんなことを考えていたら、「yazawa classic2」concert初日を観てきたモリタからメール。当日券も出てますよ、行った方がいいですよ、と書かれた文面に、今・揺れる・オレ、になってしまったオレ。夕方の5時まえには東京フォーラムの当日券の列に並んでいた。
一階席の前から21列目のほぼ真ん中、という予想外のアンビリーバブルな、そんでもってミラクルな席をゲットできて、それだけで来て良かった、と嬉しくなっちゃったが、内容は?というとこれが矢沢ライヴ史上ベスト3には入ろうか、というイズミ感激!本当に来て良かった、モリタに感謝!の素晴らしいライヴで、嬉しくて震えてしまった。
Cassic1は手探りの状態で、その意欲的な姿勢には敬意を表しても、必ずしも出来がいいとは思えなかったけど、今回は軌道修正、しっかりしたコンセプトで、ゴージャスでリラックスしたこれぞyazawa classicと言えるものだった。
これでアンコールをもっと爆発させてくれたらもう完璧!って感じなんだけど、それはまた次回に期待ってことで。
やっぱ永ちゃん最高っすよ!55になってなお新しい扉を開こうとする冒険心。かっこいいなぁ。
スポンサーサイト

2007年12月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/101-d41dbbaf

トップページ