06-12-12 ビートルズ 「LOVE」(mixi日記より)

まったく期待はしていなかったけど、最初の15分くらいで、こりゃやりすぎだろう、って。ジョージマーティンだからなにしてもいいってもんじゃないだろう、って。
でもHELPから風向きが変わってきた。そうしてだんだん慣れてくる。While My Guitarのオーケストラアレンジには感心。そこからラストまでの流れには思わず引き込まれてしまう。
通して聴き終わった後の満腹感。これはいいや。初めて聴くビートルズがこれだったら、ボクだったらのめりこんじゃうね。ロックンロールバンドとしての初期もいいけれど、ボクが好きなのはRubberSoul以後の中期後期のビートルズ。「LOVE」はその辺りを中心としたコンセプトアルバムとして実に良く出来ている。
いや、よくここまでうまくまとめあげたもんだ。音のコラージュ。となればジャケットも本来なら横尾さんにやって貰うのが一番ではないか、と思うが’70年代の横尾さんでなければムリだろうな。あの熱に浮かされたような作風は当時の時代背景あってこその産物なのだろう。
‘70年代にボクも熱狂したインドは、ここではないどこか、という空想の場所であって現実のインドではない。そんな幻想のインドが頂点に達したのが’70年代という時代だった。
ともあれ次代に残すビートルズのアルバムとしては最良の一枚だと思う。新譜という位置づけはイヤらしいけど。
 なお、ビームの今月号(’07-1月号)巻末にDJ. TKDの評が載っている。そうそうマッシュアップというのだな。短いがボクの思うところと同じで、いい文章です。読んでみて下さい。
スポンサーサイト

2008年02月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/108-c3dd4e24

トップページ