07-06頃 マルチ

世間では、なんでもやる人のことを「マルチな才能」なんて持ち上げて、かっこいい、とか憧れます、とかいって、まぁマスコミの話題づくりなんだろうけど。
創作の世界って相互に関係性があってなんでもそこそここなせるなんてのはすごいことでもなんでもない。
が、趣味として才能を発揮することと、仕事として才能を消費していく世界とは、似て非なる世界である。なんでもやってます、はプロの世界では何もできません、に等しい。
うまい人、面白い人だらけのプロの世界で抜きん出ようとするなら、楽しい、では済まされない。なんでも遊びでやってるうちは楽しいけど仕事となると苦しい。だけどその苦しさこそが仕事なのであって、そこを乗り越えていって初めて仕事の面白さがわかってくるってもんだ。それぞれに深い世界があってなんでもやっちゃうヒマなんてなくなっちゃうよ。
スポンサーサイト

2008年04月10日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/113-7ea8b277

トップページ