01-06-28 ネット日記より


 コミックビームの「オトナの漫画」22ページ脱稿。ようやく一息つける。
この漫画、原作はダークマスターとなっているが、知る人ぞ知る狩撫麻礼さんだ。
ほぼ一年連載を続けて、ここ2,3回、ようやく少しは楽しんで描くことができるようになってきた。
 狩撫さんの方も、毎回ああでもないこうでもない、とどうすれば泉も自分も引き出せるか、と苦労されているようで、それに答えるためにも全力投球、とても日記を書く、という、いわば副業にまで手がまわらない。
てゆうか、絵描いてる方が楽しいのよ。ノリを変えたくないわけ。漫画描くにしても日記書くにしても、酒飲むにしても、気持ちを盛り上げていくために踏まなければならない手続きがいろいろとあってね。
賽銭がわりの500円玉を小銭入れから貯金箱に入れて、
「今日も気持ち良く仕事が出来ますように。楽しい一日になりますように。きれいなお姉さんと知り合いになれますように。そうはいってもコンビニとスーパーしかいかないんじゃあムリかなあ。」
とかなんとか願い事して、運試しのソリティアをやって、80度くらいにさましたお湯でせん茶を45秒待って湯のみについで、マルボロに火をつけエケコ人形に吹きかけ、パソコンで起こした広末のCM(麒麟ラガー)を見て、昨日の新聞を整理がてら目をとおして、おや気がつくともうこんなに時間がたっているではないかこんなことやっている場合ではない仕事しなきゃ。
 さて仕事机の前にきて、今日の音楽はなにからかけよう、美しいショパンのマズルカをホロビッツでかけようか、やっぱゼッペリンかな、としばし思案。
 こうしてかける音楽も決まったところで、ようやく仕事に入っていけるのだ。
そうして気持ちを盛り上げて、ノリかかった辺りでどうしておなかがへるのかな。母さん母さんおなかと背中がくっつくぞ。また一から出直し。ご苦労様。

あー大変。書いてみるといろいろやってるのね。読むのも大変。



スポンサーサイト

2006年05月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/13-7bbd3d6e

トップページ