99-02-23 一期一会

 コンサートであれレコード/ CDであれ、その演奏に接するのは「一期一会」の出会いだ。コンサートでは演奏者と聴衆とのその日の調子や場の雰囲気で演奏が随分違ったものになる。
 レコード/ CDでは演奏は同じものであるのに対して、こちら側の心情、心境なんかで印象がガラリと変わってしまうことがある。大好きな演奏だと思っていてもその日の気持ちでちっとも聴く気持ちになれなかったりする。こんなつまらないもの、と思ってしまったりもする。どちらにしても2度と同じ状態で出会うということは、まずない。
 いつ聴いても同じ想いを抱くとか、裏切られることがないなんて言ってる人の話を聞くと、うらやましいなぁ、この人は心が揺れるってことないんだろうなぁ、って思ってしまう。
 落ち込んでる時に元気な歌聴いたって白々しくなるだけで、うるせいやいって思ってしまうことってないの?おまえにオレの気持ちがわかるのかって、逢ったことも話したこともないミュージシャンのジャケに向かって毒づいてしまうことってないの?オレはあります。
 こっちの気持ち次第で上げられたり下げられたり、勝手に想いを込められる方も大変だわ。

 人との出会いも一期一会だという。それって、相手がどうであれ自分の状態が2度と同じではない、という点で一期一会なのであって、自分の心の問題であることがわかる。
結局は自分の心の在り方次第で、人を受け入れたり突き放したりしている。
スポンサーサイト

2008年06月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/137-483f4bbc

トップページ