08-06-26 味噌汁

 子供のころから食卓には毎日味噌汁があった。
一人暮らしを始めた頃も味噌汁は作っていた。
勝海舟だったか、修行時代は味噌汁と漬物さえあればメシは食えるってな記述があって、オレも一汁一菜の暮らしを実践していた。
が、ここ何年かはメンド臭くなってすっかり味噌汁を作らないで済ませていた。
たまに飲むだけならインスタントでいいや。
味噌汁なしの生活が続いていたのだけど、やっぱりインスタントはもの足りない。
 今年はずっと時代小説を読んでいて、そこには当たり前のように味噌汁が登場してくる。
ちょっとまた作って見るか、とこれまで買ったことのない仙台みそを買ってきた。
江戸時代に江戸で作られていた仙台藩の味噌。とても人気があったという。
どんな味なのか興味がわいた。お湯もわいた。だしをとり、具をいれ味噌を溶かす。
コクがあって辛口。
金沢育ちで、加賀みそ、北陸のみそに長い間馴染んでいたので、どちらかといえば甘口のものが好みで、これはどうかと思ったが、これがさっぱりとしてだんだん馴染んでくる。
1パック使い終えて、以前買っていた「ゆ~きちゃんの便りはこうじみそ~、あ~ら越中日本海みそ」に戻したけど、なんだか仙台みそのすがすがしさが忘れられない。
 いずれにしても、朝の味噌汁はやっぱりいいなぁ。
インスタントはやっぱり代用品だなぁ。メンド臭くてもちゃんと作った味噌汁は、たとえ粗末な具でもレベルの違う美味さだ。
 日本海味噌も使い切り、また仙台みそを買ってきた。

スポンサーサイト

2008年06月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/138-04dd4802

トップページ