スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

08-06-28 談志談春親子会in歌舞伎座

080628 談志

 オープニングでの2人のやりとりの後一席づつあって1時間半ほどで一部終了。
 後半は、談春が着座するやいきなり枕無しで「芝浜」を始める。場内は一気に緊張。
家元の18番中の18番をこの親子会で演ずるというのはよほどの覚悟で、これは家元の2席目はないぞ、という知らせのようでもあった。
その分まで自分の演ずる「芝浜」で満足させてみせる、という、これは談春一世一代の覚悟と賭けではなかったか。

 飲んだくれて仕事をしようとしない夫に一念発起させようとする女房、むりやり芝の浜の市場に送り出すが、夫は浜で大金の入った財布を拾ってくる。
この金に手を出してはいけない、この金に手を出してしまっては生活がダメになる、と女房はそれを隠し、夫に酒を飲ませ夢だったことにしてしまう。
 そして3年、生活も安定してきた年の暮れ、女房が汚れた財布を夫の前に差し出す。
人情噺の大作である。

 師匠譲りの筋回しと、自身の工夫による会話の回し、特に後半部分にそれが強く現れていた。
談志の体調はよほど悪かったのか、やはり1部のみで終わってしまった。
 こういう事を書くとわけしり顔の落語ファンは、談志の体調なんていいことがあるのか、いいわけばかりではないか、というだろうが、談志は体調の悪さをくちにしても、それを理由に高座を投げたりテキトーにお茶をにごしてすまそうと考えているわけでは決してない。今日ただ今現在を全身で生きよう、演じようとしている。それは高座を観にくればわかる。
それこそが落語家として生まれた談志の業であり、談志を観る、というのは一人の芸人の生き方そのものを観るということ。そんな風に思わせる芸人など今どき談志以外に何人いるだろうか。
 生き様もへったくれもない、つまらない芸を見せるくらいなら出てくるな、という意見もあるだろう。それもその通りだけれども。高座に上がっている姿を見られればそれでいい、とも思わないけれども。
 ハラハラドキドキ、談志の高座には他の噺家では味わえないスリルがあって、出来がいいんだか悪いんだか、不安定なことこのうえない。そんな談志を観ようとやってくる客の方も、そもそもちょいとイカレタ奴ばかりで。いえね、客の良し悪しなんかわかりゃしませんがね。
スポンサーサイト

2008年06月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/139-d5484617

トップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。