07-12-19 ゲキシネ「朧の森に棲む鬼」/「髑髏城の七人」


 劇団新感線+、の07年初頭新橋演舞場で上演された舞台をデジタル撮影したもので、これまでの舞台中継とはまったく異なる迫力で感心する。多くのカメラを駆使して映画作りと同じようなカット割りと演出、しかも迫力あるサラウンドだ。
 内容も上出来で、休憩15分をはさんでの正味3時間の長さもまったく苦にならない。主役の染五郎がまあ熱演で。真木ようこがまた実にいかしてるのなんのって。
これがもう5作目だという。もっと早くから観ていれば良かった。いや、舞台そのものが面白い。両方観たい。

 で、来年1月公演の「IZO」のチケットがまだ売られているのかチケピに走る。S席は全て売り切れ2階席のA席券のみ各日残ってます、という。平日週の早めなら少しでもいい席があるか、と22日火曜のチケットを購入。よし、観るぞ!


08-06-23 ゲキシネ「髑髏城の七人」
 新宿バルト9で過去のゲキシネ再上映を週替わりでやっている。
今日行ってきたのは「髑髏城の七人(アオドクロ)」だ。
本編上映時間が200分もあるので、隣の追分だんごで豆大福を買っていく。追分のあんこは甘味少なめでアズキの味がよくわかる美味あんこ。おいしいよ。

 織田信長の影武者を主人公に、山田風太郎のような伝奇ロマンを展開させる劇団新感線の舞台を映像化。同内容で配役の違うものが「アカドクロ」。
 途中まで観て、はて、これは以前に観たような気がする、いや観ている。帰ってから調べたら’97年上演時のものを観ていた。’90年、’97年とこのアカアオ、計4つのヴァージョンがあった。そんなにやっていたか。
 染五郎、ラサール石井、佐藤アツヒロといった外部の役者も良かったが、新感線の粟根まこと、逆木圭一郎がいつもながら面白い。
 舞台を映像化したゲキシネは、時として舞台以上の効果を上げていて、観ていて楽しめる。上映時間が長い、というほかは文句なく楽しめる。長さも新感線の舞台を知っていれば気にならない。来週も行くか。

 デジタルサラウンドの音がすごいです。オレなんかちょっと耳がいけないのでイヤーウィスパーつけて調節しないと耳が痛い。ミュージカル仕立てでもあるので。コンサートみたいなもんだ。
 耳はねぇ、一遍悪くなるともう良くはならないんだって。20年近くヘッドホン使ってて悪くしちゃって医者にそう言われた。ある日耳鳴りがしちゃってね、あの時は頭がイカレタかと思った。それからはキホン、ヘッドホンはやめちゃった。コンサートでは片耳イヤーウィスパー。ヘッドホンで大ヴォリューム、やめた方がいいよ。後からクルよ。


スポンサーサイト

2008年07月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/143-1910263f

トップページ