10-06-05 高田馬場



午後高田馬場へ。昼食はとんかつ「坂井」で味噌カツ定食。とんかつはいいのだけれど味噌ダレが甘すぎた。
店内有線の音が大きすぎ。しかも「トイレが~」と歌う長々とした女性ヴォーカルのバラッドがずっと鳴っていて、メシ食いながらトイレ話聴かされて気分すこぶる悪し。
 
ライヴハウス「音楽室」で知り合いの「アキラ・プロジェクト」のライヴ。彼ら以外のバンドはベテランのJAZZ、FUSIONの人達で、観るのは初めてだが、当たり前だけど、しっかりした演奏で楽しめた。
 こういった本格派の演奏を生で聴くと、普段テレビやラジオで鳴っているJ-POPの音楽的レベルがいかに低い所で留まって人気を得て金を稼いでいい気な顔をして音楽界にのさばっているのかと思うとアホらしい気分になる。

 終了後「えぞ菊」の味噌ラーメン。老舗の安定した味はホッとする。
音楽でも食べ物でも、新しいものが次から次と出てくるが、5年10年経った時にそれは初めて結果が出てくる。
いいものだけが残り、ダメなものは人の記憶から消えていく。

 続けること、人の記憶に残ること。これが目指すべき生き方なのではないか、と思う。
スポンサーサイト

2012年11月15日 未分類 トラックバック:- コメント:-