14-04-14 「ワルキューレ」


初めてのシリアス長編「ワルキューレ」。自分でたてた目標に対するプレッシャーで苦しんでます。が、ディランがフォークからロックに転向したころの観客から受ける非難の声に対するプレッシャーに比べたらまるでオレのは遊びの範ちゅうだな、と思う。しかもディランは確信犯だし、その鮮やかさ、かっこよさはいっきに本人の世界観を変えてしまっただろうことを思うと、オレは下手くそなままでシャープな画も描けず絶望的な気分にもなる。そこがもって生まれた才能の違いといえばそれまでだが、ディランの言葉を借りるなら「できることをやるんだよ」それしかないし、頑張ってもできないものはできないのだから少しづつクリアしていくしかないんだと思う。
スポンサーサイト

2014年05月07日 未分類 トラックバック:- コメント:-