’81-12-06 音楽

 音楽から受けた衝撃を自分の中にあるものとして確認し、それを土台にしてJUMPせよ。
 音楽から受けた衝撃とは、その音楽の持つ衝撃と自分の中にある衝撃とが出会った時に受ける衝撃を言う。
 自分の中にある何か、とは概ね負の衝動である。負の衝動が何らかのきっかけで前に出てくる時、それは負のままで出てくる場合もあれば正に転換されて出てくる場合もある。JUMPして落ちる時もあれば飛翔する時もある。落ちたら落ちたでもう一度JUMPすればいい。何度でも納得のいくまでJUMPしなければあなたは今のままでそこに留まる。
 僕に大切なものは受けた衝撃を自分自身の中にあるものとして受け止め確認することにある。そこから何かが始まるに違いない。

 *なんか音楽を聴いて感動することってあるでしょ?その感動が自分を突き動かすことってあるでしょ?それを大切にしたいなって。いつまでも大切にしたいなって。思うわけです。特に十代二十代のときに聴いて感動した音楽って今でも僕を揺さぶり続けるわけです。
スポンサーサイト

2006年06月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/33-fe546f36

トップページ