アーカイブ2 キャロル(1)

キャロルを初めてテレビで観たのは’73年6月だったように思う。内田裕也の司会からキャロルが演奏を始めた途端の盛り上がり方が素晴らしく、おおっ、と思わず唸ってテレビに釘付けになった。有名なリブヤングの放送は’72年だからこれは再放送なのか、もしくは別の番組。次の日早速プレイガイドに行き、近々名古屋でライブがないものかと探したらその月に雲竜ホールという所で行われるライブのチケットが発売中だった。
 その雲竜ホールというのは、名古屋駅近くのビルの一画にあるカクテルラウンジというかディスコですらないただのグレーの絨毯の敷き詰められた大広間で、ろくに照明もなくステージの高さも20センチくらいの段差があるだけの狭いステージだ。当日、客は50人もいなかったように思う、広い大広間の前の方に固まってる感じ。キャロルが出てくるまでは床に座っていたのだけど、黒の革ジャンにリーゼントの4人組が登場してから約1時間、集まった客は全員狂ったように踊って大騒ぎになった。まだ永ちゃんとかジョニーとかその頃は名前も知らなかったけどホントかっこ良かった。リードボーカルをとっていたのは主にジョニーだった。汗だくになってあの甘い声でリードボーカルをとるジョニー。一番前にいた僕は後ろから押されてマイクスタンドにしがみついていた。目の前に永ちゃんがつばを飛ばして強烈な声でハモっていた。終わってからもしばらくはボケーッとして突っ立っていた。生のライブで感激した初めての体験だった。
スポンサーサイト

2006年07月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/56-6fba47e2

トップページ