スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

’76-3-2


僕には僕自身のリズムというものがある。社会という激しいリズムに乗っていくことはないのだ。社会が刻みだしているリズムは最早個人では追いつけないほど目まぐるしい。ま、言ってみればエイトビートではなく64ビートとか128ビートとか、とにかくかなり疲れるということだ。こんなリズムに乗っていたら消耗するのは当たりまえだ。だからそういったリズムをまず自分自身からもう一度8ビートなり16ビートに押し戻していかなけりゃならない。
スポンサーサイト

2006年05月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:1

コメント

そうは思っても、なかなかできないわたしです。
ともすれば、それより速く動こうとしたりして。

2006年05月07日 URL ささみ #- 編集


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/6-7282a375

トップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。