’96-02-08 ニュース

 毎日ニュースを聞いていると、まったく大人のやってることって子供だなって思う。まともな大人がまともに考えたらやりそうにもないことを、真面目に論議して決議していたりする。馬鹿馬鹿しいと考えるのがまともな大人の考えのものを、それではちっとも自分達の利益にならないので、結局最も馬鹿馬鹿しい結論に落ち着く。
 この社会っていったい何?民主主義って何よ?多数決って何よ?少数の正しい意見よりも多数のまちがった意見の方が通るって。まちがった考え方をしていてもそれが大勢いるならちっとも気にすることはないって。相手を負かせれば自分がまちがってたってなんとも思わない、って人達ばかりだ。
 成熟した社会なんて言ってるけれどもちっとも成熟なんてしてないし、どろどろした人間の思惑は昔から変わらない。責任は他人に押しつけりゃいいし、いざとなったらやめちゃえばいいし、金は上で回してればいいし、どうにかこうにか食ってく分には不自由しないし、楽しそうだねぇ。

*その楽しそうな世界に、オレも一枚加えてくれや、と一人また一人どろどろに加わってくる。お金は頭脳、体力の労働の対価で、自分のやったこと以上のお金を手に入れたらその分代償を払わなければならない。きっとそうなる。
因果応報の話。人は自分の言った言葉に助けられもするがぶちのめされることもある。人にこうだと言った言葉は必ず自分に返ってくる。
つまりね、人にエラソーなこと言ってると、おまえはどうなんだ、と。なんかあった時にほら見ろ、と後ろ指指されてソッポむかれるぞ、と。戒めな訳です。気ヲツケネバ。

スポンサーサイト

2006年08月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/62-7415facf

トップページ