スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

06-09-15 麻原の刑が確定

麻原の死刑が確定した。こういった形で刑が確定するのは残念だ、という識者の意見には反対だ。麻原本人が何も語らない以上いたずらに裁判を長引かせるだけの再審請求など何の意味も持たないことがわかっていながら、では彼らは何をこの裁判に求めているのかそれを訊きたい。真実を麻原が語らない以上、弟子の証言が限りなく真実に近いものとして受け止め、そこから類推結論する以外に道はない。弁護人は被告を心神喪失者に仕立て上げようとしているのだろうが、それでいったい誰が救われるというのだ?裁判はディベートゲームなのか?この裁判に求められていたのは麻原の行く末なのか事件の真相なのか、いずれにせよ続けることの意味はあまりないように思う。誰も救われないこのような近代裁判はとても人類の智とは思えない。
もしも麻原が真実を語り、それがこれまで表れてこなかった驚愕のものであるならそれは大変なことではあるが、それは小説の題材ではあっても現実的ではないだろう。どのような真実であっても起こった事実は変わらない。識者は何を求めているのだろう?
スポンサーサイト

2006年09月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/68-2b7e0bb8

トップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。