スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

05-05-19 JB

いつも仕事が忙しくなると、同時に音楽への探究心が昇ってくる。
それは仕事してる時は必ず音楽をかけているからだけど、まず何をかけようか、とそれは今日の気分と仕事の内容次第。
 去年の暮れは暗い話を描くのにずっとプログレ。(プログレってなぜ暗い?)年が明けてからはプレスリー。
 で今度はJB。ジェームスブラウンは編集アルバムとライヴアルバムばかりでオリジナルスタジオアルバムは数枚しか持っていない。といっても30枚は超えているけど。なにしろレコードデビューから50年!まだまだ聴いてみたい、と思うアルバムが沢山ある。とくにインストものに興味あるんだけどそのあたりはちっともCD化されていない。これがまたいっぱいあるんです。JB’s名義で出されたものもたいがいはJBがからんでくるし。
 これはマイルスを聴くのと同じような感覚。むしろよりストレートに楽しめる。
JBの音楽、いや黒人音楽の多くはめめしいところがない、っていうかそういうところをリズムでもってぶっちぎってる。あの執拗なリズム、強弱の付きかた、腰にくる、っていうの?たまんないねェ!Out Of Sight!

う~ん、レコード…。いやCD化されるのを待つか…。

*そのJBもとうとう死んじまった。爺ィになるのを拒否したような最後までHard Fuckin’ Workin’ なFunky Guyだった。
スポンサーサイト

2006年12月29日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

コメント


コメントの投稿







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://redmans.blog59.fc2.com/tb.php/81-f6ad8bb1

トップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。